リハビリテーション科


リハビリの様子 リハビリテーション科では、急性期から回復期までの入院リハビリと外来リハビリ・訪問リハビリを実施しています。入院リハビリは一般病棟の一部の患者さんと回復期リハビリ病棟の全患者さんを対象に365日リハビリを実施しています。回復期リハビリ病棟は病棟訓練を中心に実施しています。地域連携パスを導入し苫小牧市内の病院との連携強化にも力を入れています。

 入院リハビリの対象となる患者さんは、手・肩・下肢・腰等の整形外科急性疾患の患者さんや手術後の患者さん、肺炎などによる廃用症候群の患者さん、他院より紹介された回復期リハビリ目的の脳卒中・大腿骨頚部骨折等の患者さんなどです。
 医師・看護師・医療ソーシャルワーカーと連携し、早期の機能回復・日常生活動作能力の獲得・早期の在宅復帰を目指しています。

 外来は主に整形疾患と神経内科疾患の方を対象にしています。

 訪問リハビリでは具体的な目標を設定し自主性を引き出すようにアプローチしています。

 健康相談会などに参加し地域の方とともに地域のみなさんの健康づくりのお手伝いもしています。

 

理学療法


理学療法 早期からリハビリを行い、廃用予防をはじめ、基本動作や歩行動作など身体機能や日常生活動作能力の向上を図ります。当院では、起立動作の効果に着目し起立体操を1日100回目標に取り組んでいます。また、個々の患者様に合わせて器械や器具なども用いながら運動療法を行い、低周波治療や牽引などの物理療法も併用しながら治療を行なっています。脳血管疾患や整形疾患をはじめ、呼吸・循環器疾患など様々な患者様の状態に合わせて、呼吸リハビリなども行いながら幅広く専門的治療を行なっています。

 

作業療法


作業療法 脳血管疾患・整形疾患患者様を対象にその人らしい生活を取り戻すことを目標に、トイレ・食事・着がえなどの「日常生活動作」や「家事など生活全般の動作」の治療・援助を行っています。
 認知症患者様を対象にレクレーションや手工芸を通して治療を行っています。
 また、指や手や肩の骨折・腱・神経損傷を対象とした手の外科もあり、手術後早期からのリハビリテーションを行なっています。

 

言語聴覚療法


言語聴覚療法 言語聴覚士は、摂食・嚥下(食べ物を飲み込むこと)が困難になった患者様へ評価・訓練を行い、安全に食事ができるように関わっています。また、失語症・構音障害などで言葉が出ない、理解できない、口がうまく動かないなどの症状がある患者様へ、言語症状にあわせた訓練を行い、実用的なコミュニケーション能力の向上・周囲とのコミュニケーションの円滑化の支援をしています。

 


トップページへ  戻る