2階・一般病棟


 2階・一般病棟は、内科・整形の急性期病棟です。
 患者さんが治療に専念し、安心して入院生活を送ることが出来るような看護を目指し、当院外来や在宅診療部からの急性期疾患から慢性期疾患の患者さんを受け入れております。
 また、市内外の他の医療機関からも入院を受け入れています。

内科



2病棟 看護師

 内科では脳梗塞、脳出血後の脳血管疾患、肺炎・喘息などの呼吸器疾患、急性腸炎や胃・大腸ポリープ切除などの消化器疾患、心不全などの循環器疾患など・・・様々な患者さんが入院されています。
 さらに、血糖コントロールやインスリン調整が必要となる糖尿病患者さんの教育入院の受け入れも行っています。
 また、肺炎や尿路感染、脱水なのどの高齢者の入院も多いです。

 

整形



整形外科 田村副院長
  • 骨折・・・・・大腿骨頚部骨折、腰椎圧迫骨折など
  • 手術・・・・・指の切断、肩、四肢、膝関節、肘関節など
  • 保存療法・・・頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、
           腰部脊柱管狭窄症など
  •  

     その他に、労働災害の患者さんや交通事故、外傷後の緊急手術の患者さんを受け入れることもあります。
     整形・内科ともに急性期治療が終了しても継続してリハビリが必要となる患者さんは3階・回復期リハビリ病棟に移動して、リハビリ中心の療養となります。
     患者さんの安全を守りながら、多職種と連携して看護展開を行っております。

     


    トップページへ  戻る